自己破産の弁護士費用

投稿で引用するための元ページ。noindex,nofollowです。

同廃事件

弁護士費用(税別)は30万円です。
複数名の申立ての場合は費用もそれぞれですが、たとえば夫婦のように事情・書類に共通がある場合は、一定範囲で割り引きます。長期にならない範囲で、分割払での契約も可能です。

また、①資料収集等のための実費費用、②裁判所の手続費用(予納金)として1件あたり1万5000円ほどが、別途に必要です。

管財事件

アトラス法律事務所の費用(破産申立の準備・代行の費用)と、裁判所に納める予納金(破産管財人の報酬・実費にあてる費用)が、必要です。
複数名が申立てる場合は、それぞれに必要となります。

[アトラス法律事務所の費用](税別・実費別)

簡易事案30万円、通常は40万円~の見積もり

簡易事案30万円、通常は40万円~の見積もり

[予納金の目安](債権者の数による)

50名未満は、23万円
50~200名未満は、50万円
200名超は、150万円
未回収・未売却の資産によって、事業廃止に伴う必要経費(たとえば廃棄物処理等)をまかなえないときは、上記と別に用立てなければならないこともあります。決断が遅れると、破産もできない事態になりますのでご注意ください。

50名未満の場合は、23万円
50~200名未満の場合は、50万円
200名超の場合は、150万円
未回収・未売却の資産によって、事業廃止に伴う必要経費(たとえば廃棄物処理等)をまかなえないときは、上記と別に用立てなければならないこともあります。決断が遅れると、破産もできない事態になりますのでご注意ください。