離婚する「女性」
のサポート

夫に離婚を請求し、あるいは離婚請求を受けている方の、離婚前提の法的手続をサポートします。夫と話し合う前の段階の方、離婚をためらっている方、金銭請求しない場合(回収不能の場合)は対象外です。

目次

離婚女性サポート

アトラス法律事務所は、「離婚女性サポート」として、次の2つのサービスを提供します。

  1. 離婚調停の受任・同席
  2. 離婚訴訟の提起・対応

サポートする弁護士を「雇う」こと、いいかえると、サポートのサービスを「購入」することを依頼といいます。またアトラス法律事務所では、依頼に向けた「弁護士との対話」を法律相談と呼びます。
まず法律相談で疑問・不安を解消してから、依頼してください。

離婚調停

調停は、弁護士を入れずに本人でできる手続として設計されています。
もっとも、訴訟必至の場合や(それでも調停を経由するのが法の規定です。)、相手の主張・調停委員の説得が耐えがたい場合など、たって希望があれば引き受けます。

離婚裁判

訴える場合も、訴えられた場合も引き受けます。ただし、離婚することを前提に、経済的条件等を争う方針の場合に限ります。
話がまとまれば早期に「和解」決着しますが、前提事実から争いがあるようなケースでは相応に時間がかかります。

対象

離婚するとともに、もっぱら経済的条件を争っていく方針でサポートします。
離婚を迷っている方、離婚の意思がない方は対象外です。また、金銭請求しない場合や、金銭請求しても回収可能性がない場合も対象外となります。

相手の住所が次の地域にあることが条件です。

  • 金銭面の請求可能額が500万円未満の場合

    福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、古賀市、糸島市、那珂川町、糟屋郡の各町に、宗像市、福津市、朝倉市、朝倉郡の町村

  • それ以上の場合
    福岡県内・近県の範囲で、ご相談に応じます。

費用

弁護士費用は、身分の問題(離婚自体、親権等)と、金銭の問題(慰謝料・財産分与・養育費等)でそれぞれ算定し、合算します。

1.身分問題の費用

具体的事情や証拠状況を踏まえて個別に見積もります。総額(税別)30万円~。

2.金銭問題の費用

着手金

「事件規模」(請求額面)に応じて、次の計算で算定(税別)。請求を受ける立場の場合は、「減額主張の額」より算定。回収見込みによっては、少額の手付け金(内金)で受任する場合があります。

300万円以下は、8%(最低10万円)
300万 ~ 3000万円は 5% + 9万円
3000万超は、3% + 69万円

300万円以下の場合は、8%(最低10万円)
300万 ~ 3000万円の場合は、5% + 9万円
3000万超の場合は、3% + 69万円

報酬金

「成功の程度」(解決額面)に応じて、次の計算で算定(税別)。請求を受ける立場の場合は「減額された額」より算定。段階的に回収する事案では、報酬金も出来高払。

300万円以下は、16%
300万 ~ 3000万円は 10% +18万円
3000万超は、6% + 138万円

300万円以下の場合は、16%
300万 ~ 3000万円の場合は、10% + 18万円
3000万超の場合は、6% + 138万円

補足

事案に応じて、上記を変更する場合があります。
受任事件が複数のときは、それぞれで算定して、合算します。
弁護士費用以外に、実費費用(必要経費)がかかり、出張の場合は日当も発生します。

無料相談

1.まず法律相談

アトラス法律事務所では、契約(弁護依頼)を考えている方の、「いったん話してから決めたい」とのご要望に応え、初回の法律相談を「無料」で承っております。そもそも「契約」意図のまったくない方は、無料相談の対象外です。

2.法律相談の予約

電話か(050-2018-7470)、このサイトの申込みページからご連絡ください。
予約受付の際に、①相手方と、②ご相談内容を簡単にお尋ねします。相談する方からご連絡ください。

3.法律相談の当日

手持ちの関連資料を持って、お越しください。
なお、契約時は認印と身分証明書が必要です(書類は後日郵送も可)。
初回は30分枠です。弁護士の判断で、再相談日を設定することがあります。